ACCA アスレティックコンディショニングコーチベーシック

ACCA認定アスレティックコンディショニングコーチベーシックとは?

ACCA( Athletic Conditioning Coaches Association )が認定する「アスレチック コンディショニング コーチ」とは、スポーツ選手や一般の方を対象に、競技パフォーマンス向上をトレーニングするプログラムを提案して指導していく仕事です。

 

ACCAは資格が出来て10年ほどしか経っておらず、資格自体の認知度はあまり高くはありません。

 

その他のスポーツトレーナー資格と違う点は、ACCAは解剖学、栄養学、メンタルトレーニングなどを主に勉強して、選手たちのコンディショニングをサポートするところです。

 

他の資格よりコンディショニングの分野に特化しているようです。

 

通信講座で取得可能なトレーナー資格

この資格には4段階にレベルが分かれていて、BASIC(ベーシック)、ADVANCE(アドバンス)、ADVANCE・D(アドバンス・D)、MASTER(マスター)があります。

 

この中で一番初級になる「アスレティック コンディショニング コーチ BASIC」は取得する為に2種類の方法を選べます。

 

まず通信講座です。アスレティックコンディショニングコーチ通信講座を受講し、4つの課題に対してレポートを2回に分けて提出します。このレポートで課題に対する理解度が審査されます。その後に在宅で受験できる検定試験に合格出来たら資格を取得できます。

 

新規受験者の合格率は約80?90%だそうです。

 

次にアカデミックコースと言う専門学校、大学などでスポーツ生理学、バイオメカニクス、実技などを履修する方法があります。このベーシック資格を取得することで、アマチュア競技のチームや選手たちに十分な指導ができるようになるようです。

 

プロへの指導も可能にするマスターコーチ

ベーシックを取得した後は、レベルが1つ上がるアドバンスコーチにチャレンジ出来ます。

 

アドバンスを取得するには、300時間以上のコンディショニングコーチとして活動した記録、レポートを提出しなければいけません。この後に試験を受けることが可能です。

 

一番高いレベルにあるマスターコーチは、試験ではなく、申請時に提出する様々な書類を作成しなければいけないようです。この書類が審査されて通ればマスターコーチを取得することができます。

 

マスターコーチを取得すればプロアスリート選手たちへの指導が可能になります。今後の取得者が増える期待がかかる注目の資格です。