ACCA スポーツ栄養スペシャリスト

ACCA認定スポーツ栄養スペシャリストとは?

ACCA( アスレチック コンディショニング コーチズ 協会 )認定スポーツ栄養スペシャリストは、スポーツ選手の栄養管理や食事レシピを指導して、選手が試合とトレーニングでベストパフォーマンスが発揮できるような生活環境をサポートする仕事です。

 

スポーツトレーナーと同じく、近年になってスポーツ界で認知度とニーズが徐々に高まってきています。

 

活躍の場を拡大し続けているスポーツ栄養士

この資格を取得することで、プロアスリート選手、ノンプロから小学生のクラブチーム、フィットネスクラブ、病院などの現場で活躍することができます。活躍している栄養士はオリンピックにもスタッフとして参加できるようです。

 

かなり広範囲にわたって活躍できるスポーツ栄養スペシャリストですが、資格取得された方の多くは大学や大学院に就職しているようです。

 

しかし、今後はフィットネスクラブでの雇用も増えていくと予想されています。

 

スポーツの知識も併せ持つ「食」のスペシャリスト

スポーツ選手の栄養状態を管理する仕事ですから、栄養面の知識に加えて、スポーツや怪我に対する知識とサプリメントの知識が求められています。

 

最近特に注目されているのは、スポーツ栄養スペシャリストが小学生スポーツ選手の食事管理を行っていく仕事です。

 

このジュニア期より栄養面を管理していくことで、ジュニアスポーツ選手たちのパフォーマンスを向上させます。またスポーツ選手だけじゃなく、一般の子供達にも食事の大切さを学んでもらう役割も担っています。

 

プロのアスリート選手はパフォーマンスだけでなく、怪我のリスクにも常に注意を払っています。

 

トレーニングでのコンディション調整は重要ですが、サプリメントなどで栄養補給をして怪我を予防することも行います。

 

この場合、チームのスポーツトレーナー、コンディショニングコーチらとも相談しながら食事の計画を作っていきます。食事にもちゃんとしたトレーニング理論「ミールトレーニング」というものがあります。

 

これは選手たちの生活習慣の改善を徹底して日々のトレーニング効果を最大限に引き出す、健康状態を良好に保つことなどを目的としています。

 

 

◆通信講座で育成されるスペシャリスト

 

このACCA認定スポーツ栄養スペシャリストの資格を取得するには、通信講座で取得できます。
通信講座はEメール形式で行われます。PCと携帯どちらでも対応できるそうです。
講座は経験豊富なスポーツ栄養士がサポートしてくれます。
4回のレポート提出があり、そのレポートの審査が修了すれば試験にチャレンジできます。
試験は自宅で受験することが可能で、この試験をパスすれば資格を取得することが出来ます。