スポーツトレーナー 資格取得

スポーツトレーナーの資格を取得するメリットとは?

スポーツトレーナーの資格を取得すると、どんなメリットがあるのかと言いますと、スポーツに関わるほとんど全ての現場で働くことが出来ます。

 

プロのスポーツチームはもちろん、社会人や大学、高校のクラブチーム、またはフィットネスクラブ、病院、接骨院などが挙げられます。スポーツが大好きという人には、これ以上ない職種かもしれません。

 

スポーツに深く関わるために欠かせない資格

日本国内においてスポーツトレーナーの資格は民間資格しかありません。それは日本体育協会の「公認アスレティックトレーナー」とジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「認定アスレチックトレーナー」です。

 

実はこの資格だけではアスリートの体に触れることはできません。マッサージなどの施術をするには、柔道整復師や理学療法士などの医療系国家資格が必要だからです。

 

現在活躍しているほとんどのスポーツトレーナーは、この国家資格も併せて取得しています。

 

スポーツに深く関わる為にはトレーニング理論や医学などの基礎的な知識が必要不可欠です。このスポーツトレーナー資格を取得することがそのスタートとなり、この資格でスポーツのことを1日中考えて極めていける環境で働けます。

 

トレーナー資格で広がる人生の選択

このスポーツトレーナー資格取得後に実績を積んでいけば、将来的にオリンピックでスタッフとして参加することも出来ます。担当した選手の強化合宿や遠征などに帯同して、常にチームの一員としてサポートしていきます。金メダリスト誕生の瞬間を一番間近で見ることができるかもしれません。

 

またフィットネスクラブに就職すると、色んな分野の人たちと出会うことが出来ます。しかも、スポーツトレーナーの資格を取得しておけば、お客さん達からの信頼を得やすくなります。その信頼が評判、口コミになって人脈が築かれていきます。

 

この人脈がいずれプロのスポーツチームの契約へと繋がっていくことがあります。そのチャンスは信頼の証であるトレーナー資格が生み出してくれるのです。

 

これらのメリットを作ってくれるスポーツトレーナーの資格は、もっと多くの選択肢を人生に与えてくれるかもしれません。