公認アスレティックトレーナー AT

体育協会認定 公認アスレティックトレーナー(AT)とは?

スポーツトレーナーとして活躍したいと考えている方であれば、日本体育協会の公認アスレティックトレーナーという資格はご存知なのではないかと思います。

 

国内でもとても有名となっているスポーツトレーナーに関する資格であり、民間資格となっています。

 

こちらの資格はどのように取得するのか、どういった資格なのかという事についてご紹介していきます。

 

日本でとても有名となっている資格

スポーツトレーナーに関連する有名な資格としては、以下のようなものがあります。

 

・公認アスレティックトレーナー(日本体育協会認定)
・認定アスレチック・トレーナー(ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会)

 

有名な資格は上記の二つとなり、日本体育協会が認定している公認アスレティックトレーナーはとても人気のある資格です。

 

どうやって資格を取得するの?

では、この公認アスレティックトレーナーの資格を取得する方法を見ていきましょう。

 

まず一つ目の方法として、日本体育協会が認定している専門学校に入学するという方法があります。

 

学校に入学し、指定のカリキュラムを修了することで、講習や試験の一部が免除されます。

 

そして、検定試験を受検して合格することによって、資格を取得することが出来ます。

 

そして二つ目の方法として、日本体育協会の養成講習会を受講するという方法があります。

 

先ほどご説明した専門学校に入学するという方法は、今からトレーナーを目指す方の場合です。

 

こちらの養成講習会を受講するという方法は、今すでにスポーツトレーナーとして活躍している方が対象となります。

 

受講に際しては、体育協会など加盟競技団体の推薦を受けなくてはなりません。

 

この推薦を受けるためには、満20歳以上で、スポーツトレーナーとしての実績がある方でなくてはなりません。

 

ちなみに、公認アスレティックトレーナー資格は、JASA-ATとも呼ばれています。