スポーツトレーナーになるには

スポーツトレーナーになるには?

スポーツ選手を陰で支えている存在

世界中で活躍しているスポーツ選手は、体に大きな負担がかかっています。

 

プロ選手でさえ、怪我によってキャリアが一時中断するほどです。

 

選手のケアができるスポーツトレーナーは、故障のないプレーに欠かせない存在となっています。

 

華やかな表舞台には、スポーツトレーナーの名前は出てきません。

 

試合で入賞しているのは選手自身だから、トレーナーの名前は関係者の間でしか知られていないのです。

 

しかし、優秀なトレーナーを抱えることがパフォーマンス向上につながる為、人によっては引き抜きもあります。

 

他人の能力を発揮させられるスポーツトレーナーは、スポーツ関係の就職先として大人気です。

 

トレーナー業務は誰でも自由にできる

スポーツトレーナーの業務は、無資格者であっても自由に行えます。

 

日本では医療行為は医師などの有資格者にしか許されていませんが、それ以外であれば特に制限はありません。

 

たとえば、スポーツトレーナーと記した名刺を作って配れば、それだけで名乗れます。

 

自由にできることと、他人から信頼され、良い待遇で雇ってもらえることは別の話です。

 

それゆえ、スポーツトレーナーの多くは、社会的信用がある資格の取得や、プロとしての実績が積める現場に入っています。

 

自由度が高いとはいえ、プロになる為の定番コースができています。そのため、スポーツトレーナーになりたければ、まずその進路を選択するべきです。

 

大学の専門学部か専門学校が主要ルート

プロ選手やお客様の体に直接触れるスポーツトレーナーには、人体に関する深い造詣と実技が求められます。

 

したがって専門知識を学びつつ、実技を行える場が必要不可欠です。

 

大学の体育学部か、スポーツトレーナー養成の専門学校のどちらかに進学するのが、現在のスタンダードな選択となっています。

 

大学進学では、長期間の学習を乗り越える必要がありますが、それだけに将来的な選択肢が広いのが特徴です。

 

いっぽう、専門学校では短期間で実践的な人材を育てるカリキュラムがあり、入学後にすぐ現場とも関われます。

 

学校によっても学習環境が異なってくるので、スポーツトレーナーになりたい方は学校選びに十分な時間をかけましょう。