スポーツトレーナー 通信教育

スポーツトレーナー|通信教育ではどんなことを学ぶ?

身体機能の基礎知識とフィットネス知識

人体は複雑に構成されており、間接部分だけでも奥深いものです。スポーツでは様々な箇所に負担がかかる為、どこがどういった動きをするのかを知っておく必要があります。

 

通信教育では、通学コースとほぼ同じテキストを用いて、スポーツトレーナーに必要な基礎知識を習得していくことが可能です。

 

フィットネス知識に関係した部分だけを抜粋しており、現場での選手のケアができるだけの内容になっています。

 

スポーツジム、プロチームなど、勤務先によって求められる技術と知識が変わってくるので、自分に合った通信教育を選ぶことが重要です。身体機能の基礎知識は、どのカリキュラムであっても一定水準まで学べます。

 

テーピングなどの応急処置の基礎知識

大怪我とまではいかなくても、膝や肘が痛むという悩みは、スポーツ選手にとって日所茶飯事です。いかにダメージを抑えつつ練習できるかは、プロにとって選手生命を左右するほどの重大事項となっています。

 

ハードなスポーツでは試合中の怪我も珍しくなく、スポーツトレーナーには短時間で応急処置をするテクニックが必要不可欠です。

 

通信教育においても、テーピングなどの応急処置の基礎知識を学べます。一部のコースでは、実際に校舎内で実習するスクーリングが含まれるので、社会人の方は事前に確認しておきましょう。

 

通学生に比べて実践する機会に乏しいのが難点ですが、練習相手を探すなどの工夫でフォローできます。

 

トレーニングや資格取得に必要な知識

スポーツトレーナーに相談する内容としては、自分に合ったトレーニングメニューが上位です。プロとして適切なメニューを考案し、最初は手本を見せながら練習することが基本となります。

 

特に、会員制のスポーツジムにおいては、分かりやすく教えられるスキルが求められるのです。

 

講座修了と同時に資格取得ができるコースでは、その資格が要求しているカリキュラムが盛り込まれています。一部を省略してしまうと資格取得が不可になってしまう恐れがあるので、資格を目的として受講する方は気をつけましょう。

 

オリジナル理論を手軽に学べるので、興味がある専門学校のノウハウを吸収したい現役のトレーナーにも人気です。