スポーツトレーナー 専門学校

スポーツトレーナー|専門学校に通うメリットとは?

豊富な実習によって自分に自信を持てる

数ある専門学校のコースの中でも、スポーツトレーナーは現場経験を積むことが肝要です。専門書による系統立てた知識も欠かせず、座学と実習をバランス良く進めていく必要があります。

 

けれども、個人でいきなりプロが働いている第一線の現場に入ることは難しく、大きな壁となっているのです。

 

スポーツトレーナー養成の専門学校に通えば、その学校グループと付き合いがある企業が受け入れてくれる可能性があります。

 

学校の名前で応募するので、素性が分からない個人ではなく、信頼ある学校の生徒として扱われるからです。

 

豊富な実習が準備されているから、講義の一環として有名企業の現場に参加できます。

 

同じ目標を目指す仲間がいて励まし合える

スポーツトレーナーが相手をするのは、常に成績と向き合っている現役のプロや、真剣に自分を鍛えようと思っている社会人です。

 

生身の人間相手の仕事であり、テーピング等の手技では直接体に触れる機会もあります。コミュニケーション力がなければ、とてもスポーツトレーナーの業務は勤まりません。

 

昼間に通学する専門学校では、同じ仕事を目指している仲間が大勢おり、共に励まし合って学習できます。この協力体制は、プロになってからも役立つ経験となっているのです。

 

就職後にも、横のつながりとして貴重な情報源にもなります。同じ専門学校を卒業したとなれば、職場の先輩ともすぐに打ち解けられるでしょう。

 

就職サポートによって在学中から活動できる

専門学校は、入学時点からすぐに就職を意識する場であり、就職課には卒業生の就職先がズラリと並んでいます。

 

OB 訪問によって話を聞くだけでも、これから自分がどうしていくべきなのかが分かってきます。実習を通してプロに必要なスキルや心構えを学ぶことも多く、学習意欲がどんどん高まっていく仕組みです。

 

就職課の担当者からは、こちらから質問すれば、有益な情報を引き出せます。

 

ただし、専門学校はプロを目指すフィールドだから、受け身のままではあまり手応えを得られません。自分なりに考えて、日々積み重ねていくことがポイントです。

 

常に頑張っていれば、学友や実習先など、誰かが必ず見ていてくれます。