スポーツトレーナー 収入

スポーツトレーナー|収入はどれくらい?

勤務先と雇用形態によって個人差が大きい

スポーツトレーナーは、勤務先と雇用体系によって大きく収入が変わります。

 

全国展開しているスポーツジムにアルバイトで雇われることもあれば、スポーツの専門機関で正社員として活躍することもあるのです。

 

個人差が顕著に見られる職種でして、自分のセールスポイントと実績を常に意識していかなければいけません。

 

アルバイトであれば、時給900円程度の収入です。コンビニエンスストアのようにシフト制になっており、将来的には転職か正社員昇格を目指す必要があります。

 

プロ選手やアマチュアでも本格派の方々が愛用しているジムでなどでは、月給30万円以上の正社員募集もありますが、高い技能を要求されます。

 

プロチーム所属の経験があれば高収入

自分自身でもスポーツをやってきた方にとっては、プロチームの専属トレーナーになることも人気です。

 

選手としてはプロになれなくても、スポーツトレーナーという裏方なら、個人の努力次第で雇ってもらえる可能性があります。

 

現在のスポーツは、世界的に活躍できることが前提条件となっており、海外経験などの第一線のキャリアがあってはじめて選考上に入れる状態です。

 

その反面、世界上位の選手がご指名するほどの存在になれれば、個別契約になるので青天井の高額収入を実現できます。

 

日本国内のプロチームに所属する方法がスタンダードであり、大学や専門学校を通して、求人に応募する流れになっています。

 

民間のスポーツジムでも好待遇の案件あり

整体といった手技に秀でている、あるいは、肉体改造について一家言がある方は、民間のスポーツジムでも好待遇の案件が視野に入ります。

 

趣味程度のアマチュアであっても、他にはない専門的なトレーニングを受けたい方は大勢いるのです。

 

そういった方々は、自分が満足できる高品質のサービスにはお金を惜しまないので、勤務するスポーツトレーナーも中堅企業の正社員並みの収入があります。

 

魅力的な勤務先ですが、給与に見合った成果を出せなければ、すぐに他のスポーツトレーナーに変えられてしまうので注意しましょう。

 

やはり利用者からの評判が重要だから、自分がいるから売上アップになるぐらいの立場を目指すべきです。