スポーツトレーナーになるには 未経験

未経験からスポーツトレーナーになるには?

医療系の資格を持っていれば転職可能

整体の技術を習得しているか、針灸などの有効な資格があれば、社会人からの転職も可能です。

 

ただし、スポーツも未経験である場合は、スポーツトレーナーを扱っている派遣会社に登録して経験を積まなければいけません。

 

いきなりスポーツの現場を目指すのではなく、専門学校に通学して基礎を学ぶか、あるいは、すぐに雇ってもらえる範囲でスポーツ寄りの職場へ転職する方法もあります。

 

トレーニングのテクニックを身につけるのも大変ですが、それ以上にスポーツ業界へのツテを見つけることがポイントです。色々な人間と円滑にコミュニケーションが取れることも、トレーナーに必須のスキルとなっています。

 

専門学校へ入学すれば誰でも目指せる

スポーツトレーナーの専門学校は、スポーツの現場で選手を支えたい方を広く受け入れています。

 

約2年間でプロになれる点はとても魅力的であるものの、スポーツ施設を併設しなければいけない関係から、限られた場所にしか校舎がありません。

 

高校を卒業してからまだ日が浅い方は、自分の将来の為に専門学校の校舎に通学できる場所へ引っ越すのも良いでしょう。専門学校では、通学圏内にある学生向けの物件を斡旋しているので、遠方からでも通学しやすくなっています。

 

スポーツの現場では比較的年齢層が若く、あまり高齢であると周囲から浮いてしまう恐れがあります。もしも一から再チャレンジしたいのならば、早めに決断するべきです。

 

スポーツジムのスタッフならすぐに働ける

本格的なスポーツの現場でなくても良いのならば、スポーツジムのスタッフを目指しましょう。

 

専門学校には色々なコースがあるので、必要な知識をスムーズに習得できます。学校からの紹介で実習できるから、卒業後には即戦力として自分を売り込めるのが特徴です。

 

未経験でも働きやすいのが民間のスポーツジムであり、社会人での転職組もよく見られます。

 

もっとも、内部で昇進して管理職にならなければ、年を取ってからのリストラもあり得るので要注意です。

 

サービス業のスタッフとして利用者に何をできるのかを考え、事務処理も含めて総合的に活躍すれば、やがては上の立場で企画運営を行える可能性があります。