スポーツトレーナー インストラクター

「スポーツトレーナー」と「インストラクター」の違い

インストラクターは技術指導を行う存在

スポーツジムでよく見かけるインストラクターですが、彼らは技術指導を行うのが仕事です。

 

レベル別に分かりやすく教えるケースが多く、初心者向けの施設ではマニュアルに従ってレッスンが進められます。

 

それに対して、スポーツトレーナーは、体を部位別に鍛えるマシンルームなどに常駐しており、機材の使用方法や、利用者の体の痛みに対して応急処置をしています。

 

会員制のジムでは、スポーツトレーナーとインストラクターが兼任であるものの、原則的に仕事内容は全く異なっているので注意しましょう。

 

インストラクターは、一緒にプレーしながら技術指導を行うので、受講生より高いスキルが必要不可欠です。

 

スポーツトレーナーは有資格者が多い

インストラクターは、原則的に無資格で仕事を行っています。会社の内部資格を取得しているパターンもありますが、そのスポーツに関する民間資格を取得する必要はありません。

 

だが、素人を一から育てている暇はないので、基本的にスポーツ経験者でなければ採用されない状況です。

 

スポーツトレーナーの多くは、柔道整復師などの医療系資格を所有しています。選手のケアを行うのが仕事なので、信頼性が高い国家資格を取得することが重要です。

 

有資格者でなくても業務は可能ですが、無資格者は採用されにくくなっています。

 

高卒でいきなりスポーツトレーナーにはなることは、スポーツで実績があっても不可能です。

 

スポーツトレーナーは兼任できる

就職までの難易度から考えると、スポーツトレーナーの資格を取得してから、インストラクターも含めた仕事を行うことがお勧めです。

 

初心者相手のスクール程度なら、多少のスポーツ経験があればインストラクター業務も十分勤まります。

 

人件費の削減から、民間のスポーツジムでは複数の業務をこなせる人材を採用しています。

 

そのため、仮にインストラクターをやりたいとしても、スポーツトレーナーの業務ができないと不利になってしまう恐れがあるのです。

 

少子高齢化の流れから、リハビリの需要も増加しつつあります。身体機能回復や維持のアドバイスと指導ができるスポーツトレーナーの活躍の場はより広がっていくでしょう。