JADP スポーツフードアドバイザー

JADP認定スポーツフードアドバイザー資格とは?

JADP( Japan Ability Development Promotion Association )認定スポーツフードアドバイザーは、アスリートに必要な栄養管理、食事レシピを提案してサポートしていく専門家です。

 

アスリートの体作りにはトレーニングだけでなく、しっかりとした栄養管理が必要です。なぜなら栄養なくしては、せっかくトレーニングした筋肉も強くならないからです。

 

選手1人ひとりに適した食事作り、ベストパフォーマンスが出来る体作りを栄養面からアプローチします。この仕事は「食」に対しての興味はもちろん、スポーツが大好きな人に向いています。

 

栄養で様々なケアを施せるプロフェッショナル

栄養はプロのアスリート選手だけでなく、小学生からノンプロまで幅広く必要とされている職業です。

 

しかし、今まではこうした専門家のサポートを受けられるのは、プロ選手やオリンピック選手などの限られた選手たちだけでした。この資格が開発された理由はこうしたスポーツ現場の背景があったからなのです。

 

大人だけでなく、特に成長期の小学生は非常に多くの栄養素を必要としています。計算された十分な栄養バランスを持つ食事を欠かすことは出来ません。疲労回復やケガ防止まで栄養管理でカバーすることも出来るのがスポーツフードアドバイザーです。

 

初心者でも目指せる資格

日本能力開発推進協会(JADP)が認定するこの資格を取得するには、協会の認定講座で所定のカリキュラムを全て修了することが必要です。

 

その認定講座とは「キャリア カレッジ ジャパン」のスポーツフードアドバイザー養成講座です。学習期間は約3ヶ月で、カリキュラムを終了後に試験をパスすれば資格を取得できます。

 

この認定講座の教材は、食事や栄養の知識がない初心者も学びやすいように工夫されています。栄養の知識だけに留まらず、併せてメンタルトレーニングも教材の中に組み込まれています。

 

この資格はスポーツフードアドバイザーという職業を目指す方だけでなく、アスリート本人が自身で体のケアが出来る助けになる資格でもあります。

 

スポーツフードアドバイザーは資格取得後に、プロのアスリート選手をはじめ、学校のクラブ活動まで様々な分野で活躍できます。スポーツフードアドバイザーの存在は、今後もスポーツ界で高まっていくかもしれません。