スポーツトレーナー 仕事 楽しい

スポーツトレーナーの仕事|どんな所が楽しい?

現役選手を陰から支えられる

スポーツは公平なルールに基づいて行われており、誰にでも勝利するチャンスがあります。

 

ゆえに、コンディションを整えることも勝負のうちで、優秀なスポーツトレーナーを確保しておくのが常識です。

 

実績あるトレーナーとなれば、世界中からオファーがあるでしょう。

 

現役選手を陰から支えられる点は、スポーツトレーナーならではの醍醐味です。

 

自分の仕事によって選手が最高のプレーができた時の喜びは、他では味わえないものとなっています。

 

プロ選手にとっては、今シーズンで良い成績を得るだけではなく、長く現役でいられることも重要です。

 

そのため、自分の体調を相談できるスポーツトレーナーが欠かせません。

 

感謝されるからやりがいがある

世の中には色々な仕事がありますが、相手から直接感謝されるものは少ないです。

 

様々な専門知識を活かして相手のパフォーマンスを発揮させるスポーツトレーナーは、その数少ない相手から感謝される仕事を行えます。やりがいがあるから、さらに自分のスキルを高める意欲がわいてきます。

 

高齢者などへのリハビリでは、機能回復によって、社会貢献も果たせます。福祉費用を削減する為には、自分でできることを増やし、生きる意欲を持たせることが肝要です。

 

そして、スポーツトレーナーには、その両方をできるだけのスキルと立場があります。

 

無理なく相手を高めることは、社会全体を幸せにして感謝を増やすことなのです。

 

自分自身の名前で仕事ができる

スポーツトレーナーは、たとえ派遣社員であっても、自分自身の名前を覚えてもらえます。むろん、法的には派遣元が責任を持つのですが、現場で活躍しているスタッフにとっては使える人材が来るのは喜ばしい限りです。

 

自分の名前を覚えてもらえれば、直接雇用への足がかりを掴める可能性ができます。

 

転職したケースでは、現役組に比べて、現場へ入るキッカケがなかなかありません。

 

しかし、この職種では、そういったハンデを自分で克服できる余地があるのです。

 

自分の名前で仕事ができることは、キャリアを積めば積むほど好待遇になることを意味しています。

 

仕事の評価がそのまま待遇に反映される点は、厳しいながらも大きな魅力です。