スポーツトレーナー 資格 勉強方法

スポーツトレーナー資格|効率的な勉強方法とは?

スポーツトレーナーの専門学校に通学

効率的な勉強方法は、やはりスポーツトレーナー養成の専門学校へ通学することです。

 

初心者を数年間でプロに育て上げるカリキュラムと設備が整っており、現場への窓口にもなっています。

 

日中に通学するコースでは、高校までのような部活動も盛んに行われているので、自然に人間関係を築けるメリットもあります。

 

スポーツトレーナーには現場経験が求められますが、未経験では雇ってもらえない矛盾があります。

 

その状況を打破する為には、専門学校の学生という特別な立場になるのが一番手っ取り早いのです。

 

プロとしても活躍している講師に師事して気に入られれば、卒業後の就職先の口利きまであり得ます。

 

トレーナー協会の開催する講座へ参加

スポーツトレーナーには、ジャンル毎に複数の協会があり、自分の志望している分野について深く学べます。独自に認定資格を設けているケースもあるので、他の志望者に差をつける為に取得してみましょう。

 

専門学校のカリキュラムにおいても、そのコースにおいて有効な認定資格の取得を推奨しています。学習内容とリンクしている民間資格は効率良く合格できるので、ついでに取得しておくべきです。

 

そのトレーナー協会の紹介で就職するのも一つの手段なので、そちらの方でも仲良くしておくことをお勧めします。

 

スポーツトレーナーにとっては、同業者内部で自分の顔と名前を覚えてもらう営業力も重要です。

 

自分が得意とするスポーツを極めてみる

好きな物こそ上手になれという諺もあるように、自分が得意とするスポーツを極めてみることも効果的です。

 

スポーツトレーナーの需要が大きいスポーツをあえて選ぶのかどうかは、人によって判断が異なりますが、何かのスポーツは継続しておいた方が良いでしょう。

 

同程度のスポーツトレーナーがいた場合、やはりスポーツ経験が長い方が安心できます。いくら裏方とはいえ、全くスポーツを知らないのではコミュニケーションなどに問題が出る恐れが高いからです。

 

自分がやっているスポーツに関連したことならば、どんどん頭の中に入ってきます。理論と実践の両輪が回り、短期間で即戦力のスポーツトレーナーになれるのです。