スポーツトレーナー 1日

スポーツトレーナーの1日のスケジュールは?

実はスポーツトレーナーは勤務時間が長いことで有名な仕事です。これは担当している選手達よりも早く出勤し、選手たちが帰った後に退勤するからです。

 

プロチームの現場での1日

プロチームと契約しているトレーナーの場合、基本的にスポーツトレーナーのスケジュールは、契約しているチームや選手と同じスケジュールです。出勤は遅くても選手がトレーニングに来る1時間前に来て準備します。

 

シーズン中は、監督や選手たちと同じく試合や練習の予定がない日が休養日になります。また合宿中は休養日はなく、ほぼ24時間営業で選手達のサポートにまわるそうです。

 

朝から練習が始まれば、トレーナーはまずウォーミングアップの様子を見ます。ウォーミングアップは選手の小さい変化や異変を確認しやすく、コンディションをチェックする為に重要です。

 

プロのトレーナーはその動きだけで選手達の体や精神の状態に至るまで情報を得ることが出来るようです。気になった選手には声を積極的に掛けて、その状態をより的確に知るために探っていきます。

 

また練習中のスポーツドリンクと救命道具の準備、補充もトレーナーの仕事の1つです。

 

スポーツトレーナーは、特に選手の怪我には敏感になっておかなければいけません。試合や練習が行われている間は常にアンテナを張って、選手たちのパフォーマンスに目を配っていく必要があります。

 

そうすれば選手が怪我をしてしまった時に、どういったキッカケ、動きが原因で怪我になったのかを的確に判断出来ます。

 

その日の練習が終わった後も選手たちがトレーナーへ相談に来たり、マッサージを求めてくることもあります。これは主にベテラン選手や怪我をしてしまった選手などのケアが中心です。

 

トレーナーが全ての仕事を終えて球場を出るのが 23:00 を過ぎます。またこの後に、同僚や選手たちと食事に行ったりすることもあります。

 

フィットネスクラブでの1日

フィットネスクラブで働く場合は、ほとんどの職場はシフト制です。出勤、退勤時間はそのシフトによりますが、フィットネスクラブではスタジオレッスンを受け持つことがあります。

 

約1時間のレッスンが終われば、トレーニングスペースでの指導に戻ります。ここでトレーニング指導のノウハウを磨くことができます。

 

スポーツトレーナーの1日はぎっしりと内容が詰まっていて、肉体的にもハードな仕事です。