スポーツトレーナー 資格 独学

スポーツトレーナーの資格は独学で取得できる?

スポーツトレーナーの資格には、民間資格である日本体育協会の「公認アスレティックトレーナー」とジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「認定アスレチックトレーナー」があります。この2種類のスポーツトレーナー資格は、独学での取得は難しいと言われています。

 

その理由は、これらの資格は講習会で必須の単位を取得することが義務付けられているからです。これは国内のスポーツトレーナーの質を維持する為です。

 

講習会、もしくは協会が指定する専門学校か大学で同様のカリキュラムを学ばなければいけません。

 

独学でも取得可能なトレーナー資格

独学で取得可能な資格は、おそらくパーソナルトレーナーの資格ぐらいしかありません。特にNESTA認定のパーソナル フィットネス トレーナーは、指定されている4つの条件の内の1つ以上満たせていれば検定試験を直接受けることができます。

 

その条件のまず1つ目は、パーソナルトレーナー、インストラクターとして働いた経験が1年以上あることです。

 

2つ目は、運動部指導かフィットネス企業で働いた経験が1年以上あること。

 

3つ目は体育会系の大学、専門学校の卒業資格があること。

 

4つ目は、NESTAが認定する養成講座、養成コースを受講したことです。

 

これらの条件を満たしていない場合は、NESTAの養成コースを受講しなければいけません。

 

NESTAは世界的にも地位を確立して信頼を得ているパーソナルトレーナーの資格なのでオススメします。この資格さえあれば、海外でもパーソナルトレーナーとして働くことが出来ます。なぜなら、トレーナー登録はアメリカ本部に登録されるからです。

 

ただプロのアスリート選手をサポートする時には、柔道整復師などの医療系国家資格が必要です。この国家資格を取得して準医療従事者にならなければ、アスリートの体に触れることができないからです。

 

医療系国家資格を取得した上で、スポーツトレーナーになればチームや選手たちからの信頼も違ってくるはずです。独学でも資格取得は不可能ではありませんが、合格は大変厳しくて困難を極めるようです。