スポーツトレーナー 資格

スポーツトレーナーの資格が人気の理由とは?

スポーツトレーナーは今では人気職種の一つになっています。その人気を支えているのが2種類のスポーツトレーナーの民間資格です。

 

それは日本体育協会認定の「アスレティックトレーナー」とジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「認定アスレチック・トレーナー資格」です。

 

この民間資格があればスポーツトレーナーとして認定され、プロスポーツチーム、企業と大学チーム、フィットネスクラブなどで働くことが出来ます。

 

ただ現在のスポーツトレーナー達のほとんどは医療系国家資格である柔道整復師、理学療法士などを取得しています。

 

なぜならこの準医療従事者の資格を取っておかなければ、アスリート選手たちの体に触れることができないからです。

 

またこの資格を取得しておけばスポーツトレーナー以外に、接骨院などを独立して開業することも可能です。

 

スポーツ大好き人間のためにある資格

では、これらの資格を持つことでどういったメリットがあるのでしょうか。

 

まず自分の好きな事を仕事にすることが出来ます。なぜなら、スポーツトレーナーとして働く人たちの共通点は「スポーツが大好きでたまらない」ということです。

 

自分の好きなスポーツにじっくり向き合いながら極めていく職業、それがスポーツトレーナーです。1日中スポーツやトレーニングの事を考えていけるというのは、スポーツが大好きな人にとってはこれ以上ない職業かもしれません。

 

事実、スポーツトレーナーたちの中には元スポーツ選手として活躍していた人も多いようです。

 

世界に繋がる資格

またスポーツトレーナーの活躍の場は国内に留まりません。近年、日本のスポーツトレーナーはアメリカに移って経験を積んでいるそうです。

 

ここで海外でスポーツトレーナーとして働くために必要な資格があります。それは「全米アスレティックトレーナーズ協会」による「NATA認定アスレティックトレーナー」という資格です。

 

NATAとはNational Athletic Trainers Associationの略です。この資格を取得すれば、スポーツトレーナーとして海外で活躍することが出来ます。アメリカでの最先端のトレーニング理論は、一流スポーツ選手たちが常にアンテナを張っているほど注目されています。

 

常に新しい知識や理論を求める姿勢はスポーツトレーナーの大事な資質です。

 

スポーツトレーナーの資格を取得すれば、裏方として世界中の人たちの成功を間近で見ることが出来ます。そんな素晴らしい体験を多くの人が求めているからこそ、スポーツトレーナーの資格は人気を集めているのかもしれません。