スポーツトレーナー 通信教育

スポーツトレーナーになるには|おすすめの通信教育は?

一部の専門学校の一部では通信教育もある

一部の専門学校では、通学できない方向けに通信教育も用意しています。

 

スポーツトレーナーに必要な専門知識を自宅学習できるから、忙しくて通学している暇がなくても問題ありません。

 

DVD 等の動画教材もあり、具体的な部位や動きも把握できます。

 

主にスポーツトレーナー専科の専門学校が開催しており、リハビリテーション分野にもかなり紙面を割いています。

 

本格的な通信教育では、講座修了によって民間資格が認定されるケースが多く、転職目的でも効果的な内容です。

 

プロ向けのコースでは、スクーリングへの参加が必要になっています。スクーリングとは、その専門学校の校舎、または、公共施設で行われる実習講義です。

 

働きながら専門知識を学べる通信教育

専門知識を手軽に学べるので、スポーツ関係の患者が訪れる医療機関や、プロ選手と関わることがある職場で働いている方にも役立ちます。

 

専門学校の高い学費は払えないが、プロのスポーツトレーナーになりたい方にもお勧めです。

 

日本には、新卒であればどの企業にも応募できる風土があるので、通信教育でトレーナー知識を習得したことを組み合わせるのも良いでしょう。社会人の方であっても、スポーツ関係の求人へ応募する際に効果的です。

 

もちろん、すでにスポーツトレーナーとして働いているが、より自分の知識を深めたい方も多く受講しています。毎日現場に出ている中で学べば、相乗効果が期待できます。

 

民間資格の取得が目的だから実技は別となる

通信教育の目的は資格取得になりますが、一部の専門学校では就職サポートも実施しています。

 

修了試験では実技が含まれているので、教材に沿って練習をしておくべきです。資格取得ができないコースであっても、その専門学校から修了証が発行されます。

 

実技練習ができるスクーリングは、基本的に講師から教えてもらう内容です。外部の専門施設での実習は含まれないので、実践的なテクニックを身につけるには別途練習しなければいけません。

 

海外のスポーツトレーナー資格を取得できるものもあり、使い方によっては自分の可能性を大きく広げられます。補強的なカリキュラムではあるものの、有効な選択肢の1つです。