スポーツトレーナー 資格

スポーツトレーナー関連の資格にはどんなものがある?

スポーツトレーナー関連の資格には、柔道整復師や理学療法士、はり師、灸師、あん摩マッサージ師、作業療法士というものがあります。

 

これら全ては代替医療の出来る医療系の国家資格と呼ばれています。

 

スポーツトレーナー必須の国家資格

プロのスポーツトレーナーは担当する選手たちへ応急処置、マッサージを行うことがあります。しかし、アスリートの体には医療系国家資格がなければ触れることができません。

 

事実上、この国家資格を取得しなければスポーツトレーナーとして働く道は開けないと言っても過言ではありません。

 

柔道整復師の職業として知られているのが「接骨院」や「整体院」です。施術を行うのは打撲や捻挫、骨折、脱臼などがあります。

 

理学療法士は身体機能が低下した高齢者、体に障害を抱える人たちにリハビリ運動を行い、その運動機能の回復を手伝う仕事です。

 

この仕事もスポーツトレーナーと同じように、患者さんとコミュニケーションを取って1人ひとりに適したリハビリのプログラムを提案して指導します。

 

あん摩マッサージ師は、主に肩こりや腰痛といった症状の改善を促す仕事です。マッサージや指圧などの方法を使って施術を行っていきます。資格を取得すれば病院や治療院、もしくは個人で開業することもできる職業です。

 

はり師と灸師を総称して「鍼灸師」と呼びます。これは体のツボを針、もぐさを燃やして刺激することで、人間本来が持っている自然治癒力を活性化させます。

 

作業療法士は、理学療法士と同様に高齢者や身障者の方の運動機能を高めるトレーニングを指導する仕事です。作業療法士は手芸、織物、体操などの生活で普段行う作業をする方法を用いてアプローチしていきます。

 

これらのトレーニングを行うと体や指の動きをなめらかにする効果があります。

 

これらの医療系国家資格が、スポーツトレーナーのクオリティの高い知識とスキルを支えているのです。

 

引退後も人生を支える大黒柱

また今活躍しているスポーツトレーナーのほとんどは、20代から30代が中心です。40代?50代になれば、スポーツトレーナーは現役を退いていきます。

 

それ程に体力面、精神面で負担が大きい職種なのです。その引退したトレーナー達の生活を将来支えていくのも、これらの医療系国家資格なのです。

 

この資格さえあれば、引退した後は病院や接骨院で雇われたり、個人で開業ができるのです。

 

スポーツトレーナーに関わるこれらの資格は、そのトレーナーの人生を支え続ける大事な資格なのです。