スポーツトレーナー 給料

スポーツトレーナーのお給料はどれくらい?

スポーツトレーナーの給料は、その契約するチームや団体によって違ってきます。まずプロスポーツチームと契約すると、年収は約1000万円が相場だそうです。これはスポーツトレーナーでもベテランとして働いている人たちの年棒です。

 

プロチームの場合は単年契約がほとんどなので、結果が出せなければ解雇されるという厳しいものがあります。また選手の専属トレーナーとして契約すれば、年収は500?800万円ぐらいです。

 

この専属契約もほとんどが実績のあるスポーツトレーナーに求人が集まりますので、新人トレーナーが契約を獲るのは難しいでしょう。

 

実力=年収というシンプルな世界

新人トレーナーの場合、そのほとんどがフィットネスクラブや整体院、接骨院で働いています。フィットネスクラブは会社によりますが、平均して年収約200万?400万ほどです。

 

ただ実力や人気が向上すれば、給料は自然と上がってくるでしょう。

 

スポーツトレーナーで本気で稼ぎたいのであれば、アメリカに行く以外に道はないかもしれません。なぜなら日本ではスポーツトレーナーの認知度は徐々に高まっていますが、雇用の充実が遅れています。

 

しかし、アメリカではスポーツトレーナーは国家資格となるので、雇用は日本よりも整備が進んでいます。

 

アメリカでの一般会社に勤めた場合は平均年収は約300万ほどですが、スポーツトレーナーとしてアメリカで就職したら年収約400万と少し給料が良いようです。それから経験や実績を積み重ねていけば、より高収入を望めます。

 

まずアメリカの中学・高校のクラブで働くと年収約500万です。NBAのチームでトレーナー契約を結んだり、プログラムの監督になれば年収約700万ほどになります。実力次第では年収1,000万円以上も稼いでいるスポーツトレーナーもいるようです。

 

お金目的では続けられない職業

収入面だけを見ればスポーツトレーナーは稼げる仕事ではないと言えます。つまりお金を目的にしてスポーツトレーナーの仕事を選ぶことはあまりお勧めできないということです。

 

スポーツトレーナーの仕事を選んだ多くの人は、スポーツが大好きだからトレーナーを選んだというモチベーションを持っています。

 

お金以外の動機を持っていなければ、スポーツトレーナーとして働き続けることは難しいのかもしれません。