スポーツトレーナー 資格

スポーツトレーナー資格とは?

スポーツトレーナーになりたいという方の場合には、他の仕事と同様に、何か資格が必要となるのでは?と思っている方も多いと思います。

 

ですが、中には資格の取得が必須ではないものもあると思います。

 

では、スポーツトレーナーの場合、必須となる資格というのはあるのかどうか、少し見ていきたいと思います。

 

スポーツトレーナーになるためには資格が必要なの?

スポーツトレーナーは、スポーツ選手や一般の方に対し、ただトレーニング指導を行えばいいという仕事ではありません。

 

身体の様々な面からサポートをしたり、体調管理も行っていく必要があるため、とても幅広い知識が必要になります。

 

ですが、このスポーツトレーナーになるための必須資格は、今のところありません。

 

とても幅広い知識が必要となるために国家資格として存在していても良さそうですが、それも今のところはありません。

 

そのため、極論ですが、今すぐスポーツトレーナーとして活躍することも可能ということになります。

 

スポーツトレーナーの資格にはどんなものがあるの?

いくら資格が必須ではないといえ、やはり人の身体の管理を行っていくわけですので、幅広い知識が必要です。

 

そこで、スポーツトレーナーとしての民間資格がいくつか設けられています。

 

スポーツトレーナーとして仕事をしていきたいという方の場合には、これらの民間資格を取得しておくことをおすすめします。

 

・JATI認定トレーニング指導者(日本トレーニング指導者協会)
・公認アスレティックトレーナー(日本体育協会)
・認定アスレチック・トレーナー(ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会)

 

など、このような資格が有名なところでしょうか。

 

それぞれ取得するための条件などが決められていますので、事前にしっかり確認しておくことをおすすめします。

 

関連する国家資格を取得する人もいる!

スポーツトレーナーとして働いていくために、関連する国家資格を取得する方もおられます。

 

関連する国家資格としては、以下のようなものがあります。

 

・理学療法士
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師

 

など、医療と関連のあるような国家資格を取得することによって、選手の外傷などの対応もある程度は可能となります。