スポーツトレーナー 資格

スポーツトレーナーの資格を取得するには?

日本国内のスポーツトレーナーの資格は2種類あります。それは日本体育協会の「公認アスレティックトレーナー」とジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「認定アスレチック・トレーナー」と呼ばれるものです。

 

しかし、これらの資格は国家資格ではなく民間資格です。日本にはスポーツトレーナーの国家資格がありません。

 

スポーツトレーナーを志す人たちの多くは、この2種類の民間資格の取得を目指しています。

 

日本でのスポーツトレーナー資格

では、これらの資格を取得するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

まず、日本体育協会が認定する「公認アスレティックトレーナー制度」です。

 

この資格を取得するには、協会が指定する専門学校や大学へ入学して講習を受けて必要な単位を取得します。

 

その後、検定試験をパスすれば「公認アスレティックトレーナー」として認定されます。

 

もう一つの「ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会」の資格は、まず柔道整復師、あん摩マッサージ師、理学療法士、作業療法士の医療系国家資格を持っている人を対象にしています。もしくは、日本体育協会のアスレティックトレーナー資格やスポーツ専門学校・大学院にて臨床医療の単位を取得した人も対象になります。

 

これらの条件を満たした人が申請すると、ジャパン・アスレチック・トレーナーとして協会に登録されます。

 

海外でのスポーツトレーナー資格

日本ではこれらの資格を取得することで、スポーツトレーナーとして働くことが出来ます。しかし、海外で活躍したいと考えているトレーナーには海外で通用する資格を取得する必要があります。

 

それは National Athletic Trainers Association (ナショナル・アスレティック・トレーナーズ協会)が認定するアメリカの国家資格です。

 

アメリカのスポーツトレーナーは国家資格として地位が確立されています。この資格を取得するには、協会のプログラムが受講できる大学に入学してカリキュラムをこなします。全プログラムを修了した後、認定試験にパスすれば資格を取得することが出来ます。

 

認定試験は筆記試験、実技試験、シミュレーション試験の3種類を受けます。この3つの試験全て1年以内にクリアできれば資格が認められます。