スポーツトレーナー 資格

スポーツトレーナー|資格の中でおすすめはどれ?

スポーツトレーナーの資格の中でおすすめは、ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「認定アスレチックトレーナー」です。

 

なぜ、おすすめなのかと言うと、この資格は比較的取りやすいトレーナー資格だからです。

 

競争が激しいトレーナー資格

もう一つのスポーツトレーナー資格である日本体育協会の「公認アスレティックトレーナー」は、最も難易度が高い資格として有名です。これは協会が設けている講習会で必須単位を取得してから、検定試験を受けてパスするという過程があるからです。

 

講習会は定員が決まっていて、その定員内に入るだけでもかなり競争率が高いのです。そして、その講習会後に検定試験がありますが、この検定試験も難易度が高くて合格率は大変低いようです。

 

こうした難易度が高い「公認アスレティックトレーナー」に比べ、「認定アスレチックトレーナー」は資格が取得しやすいシステムになっています。

 

「認定アスレチックトレーナー」を取得するには、ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会へトレーナー登録を申請する必要があります。この登録申請をするには条件があります。それは柔道整復師などの医療系国家資格を持ち、協会の講習会で必須単位を取得することです。

 

この講習会の単位は通信教育でも取得可能です。こうした条件の比較から「認定アスレチックトレーナー」資格は、スポーツトレーナーを目指す人におすすめ出来る資格であると言えます。

 

他の仕事をしながら目指せるトレーナー資格

また人によっては、時間が無くて講習会に出ることも難しいという方もいるかもしれません。そんな方にオススメなのが、「NESTA認定 パーソナル フィットネス トレーナー」資格です。

 

これは主にフィットネスクラブで働くトレーナーを対象にした資格ですが、一番の特長は通信講座形式で養成ゼミを受講することが出来ることです。このシステムなら仕事などで時間が取れない方も、資格取得が目指せます。

 

また試験合格率も50?60%と決して取得困難なレベルではありません。

 

もし目標が一流アスリートのトレーニングをサポートすることであれば、これらのスポーツトレーナー資格と併せて医療系国家資格を取得することも勧めます。

 

なぜなら、アスリートの体をマッサージしたりするには柔道整復師やあん摩マッサージ師などの資格が必要だからです。両方の資格を取得すれば、スポーツトレーナーとして現場にあって思う存分に活躍できるでしょう。