スポーツトレーナー

どうすればスポーツトレーナーになれる?

日本ではスポーツトレーナーになる為の国家資格はありません。

 

国家資格はありませんが、民間資格である2種類のスポーツトレーナー資格を取得すればスポーツトレーナーとして働くことが出来ます。

 

その2種類の資格とは、日本体育協会の「公認アスレティックトレーナー制度」とジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「認定アスレチックトレーナー」という資格です。

 

また現在ほとんどのスポーツトレーナーは医療の国家資格である柔道整復師、理学療法士、あん摩マッサージ師などを取得しています。それはアスリート選手の体は、準医療従事者としての資格がなければ触れることが出来ないからです。

 

これらの資格があれば、スポーツトレーナーとして働く準備が整ったと言えるでしょう。

 

資格取得後の難しい就職

これらの医療系国家資格とトレーナーとして認定される民間資格は現在、スポーツ科学の専門学校や大学などで約2年間の在学中に取得できるようにシステムが整ってきました。

 

しかし、日本国内ではスポーツトレーナーの認知度と需要は高まっていますが、卒業後に就職できる環境整備が追いついていない現状があります。

 

具体的に言うと、正規雇用として雇われる働き口があまりにも限定的です。

 

正規社員として契約してくれるのは、おそらくプロのスポーツチーム、もしくは全国区の競技チームぐらいでしょう。しかも、このプロチームとの契約も単年契約がほとんどで、結果を出せなければ解雇されます。

 

トレーナーを必要としているその他の団体はパート・アルバイトとして雇用しているようです。その理由はパート・アルバイトが一番コストを抑えることができるからです。こうしたトレーナーの現状を反映している職場がフィットネスクラブではないでしょうか。

 

なぜなら、フィットネスクラブはトレーナーを主にパート・アルバイトとして雇用し、提携先の企業チームや施設にスタッフを派遣して指導する方法を取っているからです。

 

アメリカのスポーツトレーナーは国家資格

スポーツ大国アメリカでは、スポーツトレーナーの教育制度と雇用システムが充実しています。

 

アメリカではスポーツトレーナーは独立した職業として知られ、ナショナル・アスレティック・トレーナーという国家資格があります。なんとこの資格を取得するだけで看護師と同じ準医療従事者として認められるようです。

 

この部分だけ見ても、アメリカと日本ではスポーツトレーナーとしての地位が全く違います。いまだスポーツトレーナーの国家資格が整備されていない日本では、スポーツトレーナーが1つの職業として認められるにはまだ時間が掛かりそうです。

 

スポーツトレーナーになるには厳しい競争と現状がありますが、それらを勝ち抜く強い意志を持ってチャレンジしていくことが一番大事です。