スポーツトレーナー 仕事

スポーツトレーナーの仕事内容とは?

スポーツトレーナーにとって一番大事な仕事は、選手が最高のパフォーマンスを発揮できるようなコンディションを整えていくことです。

 

表舞台に出ることはほとんどないと言っていい「縁の下の力持ち」的存在ですが、選手達に一番信頼が置かれる職業かもしれません。

 

優秀で華々しい成績を収めているスポーツ選手達の陰には、優秀なスポーツトレーナーが綿密にトレーニング計画を練り、怪我の予防とケアに努めているのです。

 

プロのアスリート選手をケアするスポーツトレーナー

スポーツトレーナーが働く職域は極めて広範囲です。メディカルスタッフ、コンディショニングコーチ、一般のフィットネスクラブなどが主な職場になります。

 

プロスポーツチームと契約した場合は、医療分野を任されるメディカルスタッフや選手のトレーニングを管理するコンディショニングコーチとして働きます。

 

またその担当する選手や所属チームによって1人で何役もカバーしなければいけない時もあります。アスリート選手をケアするので、トレーナーに求められる知識や技術のハードルは高いです。

 

また企業が運営している社会人チームで働く場合も、その役割はほとんどプロスポーツチームの現場と変わりません。

 

私たちの身近な場所で働くスポーツトレーナー

一般のフィットネスクラブや病院、整体院もスポーツトレーナーが働く職場の一つです。これらの職場に就職した後、その就職先よりスポーツチームへ派遣されることもあります。

 

金銭面で余裕のない競技チームは、リーズナブルな費用でトレーナーを送ってくれるフィットネスクラブと契約することを好みます。これはチームに掛かる経費を抑えれることから、いま需要が伸びているそうです。

 

一般の人たちが持っている「スポーツトレーナー」のイメージに一番近いのは、この現場で働くトレーナーかもしれません。

 

どの現場であれ、スポーツトレーナーは常に選手達が最高のパフォーマンスを発揮する為の十分な練習量、トレーニングを支えることが使命です。

 

これは「怪我と故障の予防」というコンセプトが土台になければいけません。なぜなら、選手達が怪我をしてしまって練習が出来ないことが選手にとって一番のダメージだからです。

 

選手が怪我をしないギリギリのラインを見極めてトレーニングを指導することが、スポーツトレーナーに求められる役割なのです。