スポーツトレーナー 役割

スポーツトレーナーの役割とは?

スポーツトレーナーの役割は、スポーツ選手の身体のケアをサポートすることです。

 

チーム全体のパフォーマンス向上にも大きく関わっているこの役割は現在、プロチームをはじめとする社会人チーム、大学や高校のクラブでも必要とされてきています。

 

理想の体作りを目指す選手達をサポートする役割

スポーツをする上で大切なのは、質の高いパフォーマンスを体現できる身体作りだと思います。もう少し具体的に言えば、競技に必要な筋肉を鍛えていくことです。

 

ただ筋肉を大きくすれば良いというのではなく、選手が思い通りに動かすことが出来る柔らかい筋肉を作ります。それを目指していくのに必要なのは筋力トレーニングだけでなく、休養と食事面の管理も重要です。

 

このスケジュールを管理して、選手に指導を行う役割をスポーツトレーナーが担っています。

 

選手のリハビリをケアする役割

スポーツトレーナーが選手の体力面でのサポートを行うことはよく知られています。この役割以外にも、選手が怪我をしてしまった時のリハビリと治療も行っていく仕事があります。

 

一口にリハビリと言っても、それを実行していくのは大変難しい分野のようです。

 

もしかしたらこのリハビリテーションは、普段のトレーニング以上にエネルギーを費やす仕事かもしれません。なぜなら、まず選手の怪我を治療していくには、選手の体に触れる必要があります。

 

選手の体に触れることは、想像以上に重圧と責任が掛かってくるものです。実はスポーツトレーナーに認定されたばかりの人は、プロ選手の体にはなかなか触れさせてもらえません。

 

経験豊富なスポーツトレーナーだからこそ出来る的確な判断と綿密に計画されたリハビリ方法が、選手へ現場に復帰出来る最短コースを提供できるのです。

 

ですので、新人トレーナーはまず見習い期間を設けられ、雑用が中心の仕事をこなしていきます。即戦力としてプロのチームで活躍したいトレーナーは、大学や高校生などのトレーナー経験を積んでからチャレンジしている人もいます。

 

選手の心にも関わっていく役割

またスポーツトレーナーは主に体のトレーニングをサポートする職業ですが、選手達に意識改革も促す役割もあります。それは選手達が自分達の意思、自主性を持ってトレーニングに臨んでもらうことです。

 

この部分を理解してもらうだけでも、トレーニングの成果が変わってきます。選手達の心や意識の部分に働きかけることも、スポーツトレーナーの大切な役割なのです。