スポーツトレーナー 資格取得 スクール

スポーツトレーナーの資格を取得できる主なスクール

国内のスポーツトレーナーの資格は、日本体育協会の「公認アスレティック・トレーナー」とジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の「認定アスレチックトレーナー」の2種類があります。

 

これらの資格に共通するのは、各協会が認定する専門学校か大学で必要な単位を取得することです。

 

オススメの「養成認定校」

「公認アスレティック・トレーナー」の取得を目指す場合、オススメの養成専門学校は「アップルスポーツカレッジ」という学校です。新潟県にあるこのスポーツ専門学校は地元のプロバスケットチームと独立リーグの野球チームと提携しています。

 

それらの現場実習で経験が積めると同時に、充実した施設の中でスポーツトレーナーの資格取得を目指せます。

 

そして、この専門学校を勧めたい最大の理由は、日本体育協会の「養成認定校」になっているからです。

 

一般的には日本体育協会が指定するトレーナー養成の為の講習会を受講しますが、応募は定員制なのです。認定試験の合格率が厳しい上に、講習会を受講することも競争が激しいのが現状です。

 

これはプロフェッショナルのトレーナーの質を維持する上で必要なシステムなのですが、この「養成認定校」で単位を取得すれば、その講習会は免除になります。そして、必要な単位を取得すれば認定試験を受験することが出来ます。

 

現在までかなり難関なこの認定試験を現役で合格者を出すなどの実績を上げている学校です。

 

医療系国家資格の取得ができる専門学校

ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会の認定トレーナーになるには、柔道整復師や理学療法士などの医療系の国家資格を取る必要があります。この医療系資格を取る学校は「日本柔道整復専門学校」がオススメです。

 

この学校では柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の資格取得はもちろん、3年次より日本体育協会のアスレティックトレーナーの勉強もすることが出来ます。日本体育協会のアスレティックトレーナーの承認校でもあります。

 

昭和31年に開校して以来、15,000人以上の卒業生を輩出している歴史ある学校です。この学校で医療系国家資格を取得した後、ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会へ申請すれば、「認定アスレチックトレーナー」として認定されます。