スポーツトレーナー 専門学校

スポーツトレーナーになるには|おすすめの専門学校は?

スポーツトレーナー育成の専門学校は多い

スポーツトレーナー育成の専門学校は多く、それぞれ日本全国の主要都市に校舎を構えています。

 

全国展開をしている大手というよりも、その地域の若者を対象とした中堅企業が中心です。

 

怪我を予防する為の整体技術が必須であることから、医療系の専門学校でスポーツトレーナー育成コースがよく見られます。

 

純粋にスポーツトレーナー養成を行っている専門学校もあり、そちらでは現役のプロと交流できる機会がある点をアピールしています。

 

それぞれ得意とする分野があるので、自分がイメージしているトレーナーになれるところを選びましょう。

 

有効とされる民間資格はいくつかあるものの、最終的には自分の評判と職務経歴が問われます。

 

大卒のライバルと差別化できる学校がおすすめ

スポーツと言えば、学生駅伝などの大会で活躍している大学が有名です。

 

知名度が高く、そこの出身というだけで有利になります。

 

しかし、特定の分野を極めれば、専門学部を卒業したライバルに負けない立場になれるのです。

 

体育学部といえども、大学卒業までに所定の単位を取得しなければいけません。

 

教養科目といった実務とは無関係なものもあって、必ずしも専門卒が不利とは限らないのです。

 

限られた数年間を有効に使えば、若さと能力によって採用されやすくなります。

 

OBの主な就職先を見れば、自分にとって魅力的な専門学校かどうかが分かります。専門職になる第一歩は、学習環境の選定から始まるのです。

 

メリットは資格取得と現場へのコネ

専門学校のメリットは、具体的な資格が取得できることと、実際にプロが働いている現場へ入れることの2点です。

 

業界で有名な人物が経営している場合、独自のメソッドを教えてくれるカリキュラムも用意されています。

 

現場へのコネがあるから、学生という立場でありながらもインターン等の経験を積めます。

 

資格は履歴書に記載できるアピールポイントであり、書類選考の段階から有利になります。

 

さらに、現場経験がある旨を追記しておけば、他の志望者より印象に残るでしょう。

 

インターンで自分の顔を売っておくことで、アルバイト扱いで即採用してもらう方法もあります。

 

自分の働きぶりを評価してもらえるから、口下手な方でも大丈夫です。