スポーツトレーナー やりがい

スポーツトレーナーのやりがいとは?

スポーツトレーナーのやりがいは、色んな人たちから感謝されたり、喜ばれる仕事であるということです。これはトレーナーという存在が、担当する選手や一般の人たちが目標とするゴールに到達する為の道筋を示す役割を担っているからです。

 

そのゴールに向かって日々試行錯誤し、到達できた時に選手たちとその達成感を共有できます。多くのスポーツトレーナー達はその達成感を味わう時に、トレーナーとしてのやりがいを感じると述べています。

 

比例するトレーナーのやりがいと責任

このやりがいを感じる為には、トレーナー自身が幅広いトレーニング理論、知識、経験を有している必要があります。

 

なぜなら、これらを十分に備えていないトレーナーがどれだけ選手たちを指導しても、選手たちはただ迷ってしまうだけだからです。最悪はゴールを見失って諦めてしまうかもしれません。

 

スポーツトレーナーは自分ではなく、他人をケアする仕事です。それ相応の大きな責任を常に背負う覚悟が必要なのです。

 

しかし、この責任感と重荷があるからこそ、選手たちが勝利と成功を手にした時に感じる喜びは大きいのかもしれません。

 

人生を変えるキッカケを作る仕事

スポーツ選手だけでなく、トレーナーはフィットネスクラブなどで一般の人たちの健康もサポートすることが出来ます。フィットネスクラブに通うお客さんは、それぞれの悩みや問題を改善する為に来られています。

 

例を挙げると、ダイエット、運動不足解消、健康維持、ストレス発散が主な理由でしょう。

 

ある50代の男性がフィットネスクラブに通い始めました。その男性は五十肩に長年悩んでいたそうです。医師から運動をして肩の関節を動かすことを勧められ、フィットネスクラブに通うことを決めたとのことでした。

 

そのフィットネスクラブのトレーナーに相談し、五十肩を改善する為のプログラムを作ってもらいました。すると、最初は1kgのダンベルを持ち上げることさえも難しかったそうです。

 

しかし、トレーナーと相談しながら肩関節のトレーニングに励みました。すると、1年後には見事に五十肩が改善して、重いダンベルも楽々と持ち上げることができるようになりました。それだけでなく、五十肩によって諦めていた趣味、スポーツにもチャレンジできるようになったようです。

 

人々の生活を変えることも出来るスポーツトレーナーは大変ハードですが、とてもやりがいに満ちた仕事です。